彼氏の就職祝いプレゼントに財布

最近では正社員として就職をすることも難しくなってきている時代です。
彼氏が就職を決めたとなれば、就職祝いのプレゼントをしようと考える女性も少なくありません。
一般的に就職祝いのプレゼントは、仕事を行う上で使える物を贈ることが多く、中でも代表的なものが財布ですね。

 

 

財布は毎日使うもので、取引先の人と食事に行った時など見られてしまうもの。
学生時代の延長で、同じような財布を使っているのを見られると、取引先としても安心できず、疑問を感じてしまうでしょう。
そこで社会人として相応しい財布をプレゼントすると、すごく喜ばれます。

 

では、彼氏の就職祝いにはどんな財布を贈れば良いのでしょうか?
やはりシンプルなデザインでも、上品さのある物が好ましいですね。
彼氏の年齢によっても贈るべき財布は異なってきます。

 

20代の彼氏の場合だと、いくらシンプルで上品な財布が良いと言っても、ハイブランドの物では生意気だと思われることもあります。
そこで、品質は良いけれど、そこまで高いブランドではない財布をプレゼントすると良いでしょう。

 

30代、40代ともなってくると財布でハイブランドの品を持っていてもおかしくありませんが、20代の新入社員の場合、高額ブランドは避けたほうがいいです。

 

また、高級皮革が使われた財布をプレゼントすることで、一生物として使うことができます。
スーツを良く着る仕事なら長財布、男性に人気のあるタイプなら2つ折りの財布を選ぶと良いですね。

就職祝いにも向いている20代に最適な財布の選び方

20代は多くの若者が学生から社会人になる人生の節目です。
財布についても、人生の新たな門出にふさわしい、スタイリッシュで使いやすいものを選びたいところです。
就職祝いなどで人に財布をプレゼントする時は特に選び方に気をつけるべきでしょう。
また、もしその財布を仕事で使うなら、私生活だけで使う財布とは違って、ある程度しっかりしたものを買う必要があります。

 

就職祝いには仕事に使える財布を

 

就職祝いに財布を贈るのであれば仕事にも使えるものをプレゼントするべきでしょう。
社会人になれば財布も見だしなみの一部とみなされますので、良識に合うものを選んでください。

 

一番のポイントは財布のデザインが幼稚だったり、奇抜だったり、派手すぎてはいけないということです。
漫画や動物などのイラストがプリントされている製品は少し子供っぽいところがあり、仕事で使うには向きません。
ラメやラインストーンできらきらしている財布やごてごてした金具がついている財布、目立つ柄がある財布、色使いがうるさい財布なども社会人にふさわしいとは言えないでしょう。

 

もう1つのポイントは見るからに安っぽい財布は避けることです。
高級品でなければならないわけではありませんが、仕事で出会うどんな相手に見られても恥ずかしくない水準のものを選ぶべきです。
プレゼントされたからということで安物を使わなければならないとしたら、贈られた方も困ってしまいます。
たとえば化繊の布でできた財布などはやめた方がいいです。

 

スタンダードでしゃれたデザインの財布がいい

若いからと言って変に若者っぽいものを選ぶと失敗の元です。
20代と言えばもう立派な大人。
男性は大人のセンスを感じさせる落ち着いたデザインの財布を使いましょう。

 

黒か茶色の革財布が理想です。
合成皮革でもかまいませんが、その場合は何年か使って古びてきたら買い替えてください。

 

女性なら

20代のうちはいくらか華やかなものを使ってもいいでしょう。
色も茶色や黒に限ることはありませんし、柄やワンポイントの飾りなどがあってもいいと思います。
ただし上にも述べたように、仕事で使う場合はあまり派手な財布は選ばないようにしてください。

 

いくら若いといっても、業務でそうした財布を使用していると、TPOにふさわしい振る舞いができない人間だと評価されてしまいます。
派手な財布が大好きなのでぜひ使いたいという場合は、私用で使うことをおすすめします。

 

大人になるとカードが増える

子どもから学生、社会人と成長するにつれて、持ち歩くカードの枚数は増える場合が多いです。
そのため大人になって新しい財布を買う時には、ある程度カード収納枚数の多い財布を買うのが便利です。
しかし特に男性は、カード入れの多すぎる財布を選ぶことで別の問題が起こります。

 

どういうことかというと、たくさんのカードやカード入れそのものの厚みでぼってりした財布を持っていると、あまりスマートに見えないのです。
いつもカバンに財布を入れるならまだいいですが、ポケットに財布を入れる場合は、その部分が服の上から膨らんで見えてしまって一層見栄えがしないという問題もあります。

 

二つ折りの財布を使っていると財布の厚みはさらに強調されます。
したがって、カード入れは必要な数だけを備えた財布を買うのがいいです。
あまり使わないカードはどこか別の場所に閉まっておくか、財布とは別にカードケースに入れて持ち運ぶことができます。

 

まとめ

就職祝いで財布を贈るなら、仕事でも使える落ち着いたデザインのものをプレゼントしましょう。
あまり派手なものや奇抜なもの、見るからに安っぽい財布は避けてください。
特に男性はスタンダードな財布を買うことをおすすめします。

 

20代の女性が私用で使うなら、柄などのあるかわいらしいものやある程度華やかな財布を選んでも問題ありませんが、仕事ではあまり派手なものは使わないようにしましょう。

 

また、大人になると多くの場合持ち歩くカードが増えます。
あまりカードをたくさん入れると財布がぶかっこうにはなる別の問題がありますが、兼ね合いを考えて、必要な枚数だけを収納できる財布を選ぶといいでしょう。