彼氏・男性への就職祝い人気ランキング

就職祝いで人気のプレゼントは、やっぱり仕事関連のものです。
特に学生から新社会人となる就職祝いの場合、仕事に必要なものは新しく揃えるので、とっても喜ばれますし、使ってもらえますからね。

 

名刺入れ

学生さんで名刺を持っている人はそんなに多くありません。
就職して初めて名刺を持つ方が大半です。

 

名刺は会社員になったら、会社から作ってもらいます。
名刺をもらって「自分が会社の一員になったんだ」と改めて感じる男性は多いです。
そういった意味からも、名刺は社会人の第一歩。
みんな社会人になって名刺入れを買います。

 

彼が会社で取引先などと交換する名刺

名刺交換は、最初の頃、非常に緊張する場面のひとつ。
当たり前ですが、名刺を渡すのは初めて会う人ですからね。
それに年齢が上のことがほとんどで、社長・部長・課長など役職を持っていることも多くありますし。
否応なく緊張感は高まります。

 

新社会人の場合は、ほぼすべての人が初めて会う人。
なので、名刺交換する頻度はすごく高いです。
名刺入れは、そんな名刺交換の場面で初対面の人によく見られます。
つまり、第一印象を決める要素にもなるのです。

 

就職祝いにはどんな名刺入れ

人から見られても大丈夫で、かつビジネスシーンに合った名刺入れを持っていれば自信にもつながります。
彼の就職祝いには、シンプルで上質な名刺入れが喜ばれるでしょう。

 

名刺入れは見た目だけがすべてではありません。
機能的で使いやすさも大事。
本革で柔らかく、取り扱いがしやすい二つ折りの名刺入れが人気となっています。
傾向的には、「光沢のある革」「ブランドロゴがおしゃれ」「何年使っても古臭くならないスタイリッシュなデザイン」など。

 

名刺入れは、元々シンプルなタイプが多いのです。
個性を出したい彼には、ステッチの色が変わっていたり、大きめのステッチで差をつける名刺入れが選べれています。

 

人気の色

どんな色にも合う黒が定番です。
濃紺や茶色が次いで注目を浴びています。
シンプルな色味がおすすめです。

 

本革であれば、使うたびに自然なエイジングが施されていくもの。
色味がシンプルでも良い味を出してくれます。
価格帯は安ければ1万円を切るくらいから、2万円の間が平均的な価格。
マチがあり、自分と頂いた名刺を収納できる名刺入れが使いやすいです。

 

おすすめの名刺入れ「ココマイスター」

 

ココマイスターは、世界有数の伝統・希少皮革だけを取り扱う高級皮革専門店です。
日本屈指の熟練職人100名以上が製造。
「日本の職人がつくる心温まる革製品」をコンセプトに、細部まで手を抜かない、物作りを信念としています。

 

 

 

 

おすすめの名刺入れ「YUHAKU」

 

カラーアクセントに、イタリアの伝統的な染色「タ ンポナート技法」で作られた牛革を使っています。
落ち着いた配色で、シンプルなデザイン。
しかも、大きな通しマチを採用していますので、名刺が取り出しやすい構造になっています。

 

 

 

 

おすすめの名刺入れ「JOGGO」

 

少しはオリジナル性を持たしたいなら、JOGGOのオーダーメイド名刺入れ。
13色の本革を組み合わせ、世界に1つだけの名刺入れをWeb上のシミュレーション画面で、簡単に創れます。
もちろん、名入れも可能。
外側は抑えめの色にして、内側に彼の好きな色やラッキーカラーをチョイスするのも。

 

 

 

 

 

 

 

ネクタイ

ビジネスマンへのプレゼントの定番、ネクタイ。
就職祝いに彼氏に贈るプレゼントでもネクタイは人気です。
スーツを着て出勤する彼に、好きなデザインや色のネクタイをしてもらえば、仕事のやる気もアップするはず。

 

 

また色々な人と仕事場で接する機会も増えます。
きちんとしたブランドもののネクタイをいくつか揃えておいた方が良いですしね。
ネクタイはいくつあっても困りません。
それに、1本千円くらいから数万円までと価格の幅も広いので、人気ブランドの中で予算に合わせた買い方ができるところも人気。

 

 

一方で、あまりネクタイをしない職場の方には贈りにくいものですが、社会人になるとオフィシャルでネクタイをする機会は増えます。
きっと重宝してもらえるでしょう。
就職という区切りには、ネクタイの贈り物がピッタリですね。

 

選び方

ネクタイの選び方は、あなたのセンスで、ちょっとオシャレなネクタイを贈ってもいいでしょうが、就職祝いは定番のほうが無難です。
ただ、大切な彼の就職祝いですから、ブランドにはこだわりたいですよね。
ファッション小物で男性に人気のあるブランドの中でも、「きちんと系」のブランドが人気を集めています。
普段ブランドにこだわらない彼には、自分の好きなブランドで揃えてもらうのはいかがでしょうか。

 

就職祝いの彼にプレゼントするなら、毎日の仕事で使えるタイプのデザインが良いですね。
「チェック」「ドット柄」「小紋」「ストライプ」がおすすめ。

 

色は、どんなスーツの色にも合う「青」「紺色」は選択肢に入れておきたいところです。
意外ですが、ピンクは温かみのある色なので、人当たりがよく優しい雰囲気を醸し出すことができます。
ですので、営業をする彼にはピンクも人気です。
特にグレーのスーツにピンクは色が映えます。
何枚かセットでプレゼントするなら、一色は入れておきたい色味です。

 

 

楽天でネクタイをチェックするならこちら

 

 

 

パスケース

社会人になれば、電車や公共の乗り物を使って通勤することが多くなります。
そんな毎日使う定期を入れるパスケースが、就職祝いの上位にランクイン。

 

同じブランドの色違いを買って、お揃いにしているカップルもすごく多いパスケース。
会社の内では、あまり出すことはないので、少しデザインが施されたものやロゴが全体に入っているタイプも選ばれています。

 

ただやはりスーツ姿で基本は使うもの。
色は黒やグレー、茶色、キャメルが人気になっています。
素材は、取り出しやすく柔らかめな本革を選ぶ人が多いです。

 

パスケースといっても、ストラップ付きや二つ折りなど、デザインにも色々と種類があります。
彼の通勤スタイルを考えて贈りたいですね。

 

パスケースの平均価格は大体5千円から1万5千円くらいが相場。
毎日使うものです。
できれば品質には、こだわりたいですね。
好きなブランドや持っているカバンのブランドとお揃いにしても喜ばれますよ。

 

 

 

財布

就職祝いに財布も人気です。
学生時代に使っていた財布は、ビジネスマンとして相応しくないケースも多いですからね。
それにビジネスマンになるってことは、お金を稼いで経済的に自立するということ。
そういう意味でも就職祝いにピッタリ。

 

仕事に使うカバンが大きい男性や、普段でもカバンを持ち歩くタイプの男性であれば長財布がおすすめ。
一方あまりカバンを持たない男性には、二つ折りが人気となっています。
それぞれの好みに合わせて選ぶようにしたいですね。

 

人気の色はビジネス、またはオフにも使える黒。
ビジネスシーンでも使うことの多い財布なので、やっぱり本革がいいですね。
価格的には、2万から4万円の間くらいが平均的な相場になります。

 

財布の選び方としては、あまりブランドロゴが目立ちすぎるものや、派手なものよりもシンプルで、上質なお財布が人気です。
オススメは、欧州最高級皮革を日本の職人が縫製するクオリティブランド「ココマイスター」。
ホームページはこちら⇒⇒⇒ココマイスター

 

 

ハンカチ

学生時代であれば、ハンカチを持たなくても周りは何とも思いません。
就職をして社会人ともなると別。
ハンカチを持たないなんて、「少し常識的ではない」となってしまいます。

 

そもそもハンカチを持っていない人もいて、社会人になってから慌てて用意。
そういう男性も意外と多いようです。
なので、就職祝いにハンカチをプレゼント。
大袈裟なプレゼントよりも、実際に使える小物の方が人気を集めています。

 

素材は、いわゆるタオルハンカチよりも綿100パーセントのものが人気です。
もちろん、汗かきな彼であればタオルハンカチでもいいでしょう。
ただ、タオルハンカチを選ぶなら、あまり厚みがなく、柄も落ち着いた色にした方が子供っぽくなりませんよ。

 

またハンカチは、スーツに合うシックな色味が選ばれています。
黒やエンジ、清潔感のある水色やグリーンが人気です。
あまり派手なデザインは避けましょう。
おすすめは、チェックやブランドロゴの刺繍やラベルが小さく入っているもの。

 

ブランドのハンカチで、大体5千円くらいが相場です。
ブランドにこだわらないなら、1枚千円もしないハンカチもあります。
その場合、同系色のハンカチを5、6枚セットでプレゼントにすると見栄えもよくなります。

 

何枚あっても困らないハンカチは、セットにして贈る人も多いです。
彼の好きな色味や普段選ぶ服のデザインを細かくチェックしておいて、喜ばれるハンカチをプレゼントしてください。

 

 

 

6位手帳

就職祝いに贈るプレゼントとしてステーショナリーも人気です。
ステーショナリーの中でもシステム手帳。
デジタルの時代とはいえ、サラリーマンにはかかせないアイテムですからね。

 

男性が持つシステム手帳で人気の大きさはA5サイズ。
色々と書き込めて良いみたいです。
「どうせプレゼントするなら何年も愛用して欲しい」という理由から、リフィルを替えて使えるように、本革タイプのリング式が人気となっています。

 

営業職の彼なら時間の約束が多くなるもの。
1日を時間で割ってあるタイプと、1週間がひと目で分かるスケジュールがついた手帳がおすすめです。

 

色は茶系が人気。
他にも黒や暗めのグリーンなども大人っぽくてカッコイイです。

 

システム手帳は、ブランド物だと高いところで10万円くらい。
安いと5千円から1万円くらい。
まさに、ピンからキリまでです。
選ぶときは値段もそうですが、見た目よりも実用性が重要視されています。
そのあたりも頭に入れておいてくださいね。

 

 

7位 靴下

毎日仕事で使えるファッション小物としても人気なのが靴下。
シンプルなスーツから少しチラッと見える靴下がおしゃれだと、彼女としても嬉しいのものです。

 

一般的に黒や紺といったシックな色が選ばれますが、無地よりは少しデザイン性のあるタイプも選ばれています。
例えば、アーガイル模様やストライプ。
機能的には、消臭効果や厚みがあって歩いても疲れないタイプ、5本指ソックスなどが人気です。
外周りの多い彼なら、足を守ってくれる実用性に富んだデザインもおすすめ。

 

また、就職祝いですから、自分では買わないブランド物の靴下もいいでしょう。
3足セットなら、大体5千円くらいから取り扱いがあります。

 

 

 

 

8位 ペンケース

ペンケースは、社会人になってもずっと使う必需品です。
毎日仕事で使えるおしゃれなペンケースを就職祝いにプレゼントしませんか?

 

ビジネスで使うペンケースは大容量のものではなく、コンパクトなタイプがおすすめ。
コンパクトでありながら、マチが広く自立する固めのタイプが売れ筋です。
素材は革が人気。
色は彼の好きな色で。

 

価格は3千円から1万円の間であれば取り扱いが多くあります。
プチプラなので、就職祝いには万年筆や手帳などとセットにして購入する女性が多いです。

 

 

 

9位 腕時計

贈り物の定番である腕時計は、就職祝いとして人気です。
腕時計はデジタル、アナログなど色々な種類があります。
プレゼントする際は、しっかりとしたリサーチしておきましょう。

 

腕時計を何個も持つ人もいますので、ビジネス用として選ぶのも良いかも。
普段は時計を持たず、スマホで代用している彼氏でも、社会人ともなれば腕時計は必要です。
ビジネスの世界では、時間はすごく貴重な資源ですから。
なので、就職祝いとしてプレゼントすれば、きちんと腕時計を付けてくれるようになるでしょう。

 

仕事で使う腕時計は、あまりゴツゴツとしたものではなく、シンプルなタイプを。
外回りが多い彼なら、いきなりの雨でも大丈夫な防水性が喜ばれます。

 

 

 

10位 ボールペン

社会人になって、色々と揃えておきたいアイテムが文具類です。
中でもボールペンは就職祝いのプレゼントとしてもかなり定番の贈り物。

 

早くから色々と社会人用アイテムを揃えている彼氏でも、ボールペンまでは気を遣っていないケースは多いです。
ですので、そこを狙ってプレゼントするのも良いかも。

 

毎日使うというより、スーツのポケットに忍ばせ、ここぞという場面で使ってもらえる、高級感のあるボールペンを選んであげたいところです。
価格帯はピンキリ。
5千円程度から10万円以上まで。

 

就職祝いなら、高くても4万円くらいまでのボールペンがおすすめ。
あまり高価すぎて、浮いてしまわないものを選びましょう。

 

 

11位 幸運 四つ葉のクローバー「カフス」

 

カフスとは、ドレスシャツ(ワイシャツ)やブラウスの袖口(カフ)を留めるための装身具のこと。
幸運を呼ぶ四つ葉のクローバーをモチーフにしたカフスです。
四枚の葉っぱ一枚一枚が、「希望」「誠実」「愛情」「幸運」を表しています。
就職祝い相応しいですよね。
で、花言葉が「Be mine」。
日本語に訳すと「私のものになって下さい」です。
彼氏へのプレゼントにピッタリでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

男友達の就職祝いに贈るメッセージ

男友だちの就職が決まった時には、何かしら言葉をかけてあげたいという女性も多いはずですね。

 

 

就職祝いのプレゼントを贈るほどではないけれど、何も声をかけないのは抵抗がある。といった時にはメッセージカードを贈るのも1つの方法です。メッセージカードであれば、自分の気持ちを上手く伝えることもできますし、そこまで手間がかかる物でもありませんからね。

 

男友だちにメッセージカードを贈る時にはどうすれば良いの?

 

基本的には、「就職が決まっておめでとう」、という言葉を伝えるのが大切です。あれこれと書きたくなる気持ちはわかりますが、まずはメッセージカードを贈ることになった、就職が決まったことへのお祝いの言葉を書くことを忘れてはいけません。そのことを伝えたら、後は特に決まりごともないので、自由に文章を作っていくと良いでしょう。

 

 

ただし、メッセージカードなので長すぎる文章を書くのではなく、「就職おめでとう」の後には数行程度で終わらせておくのがスマートです。およその文字数の目安としては100文字以内と考えておくと良いでしょう。特に就職祝いといった形では気をつける決まりごともありませんので、形式を考えなくても大丈夫。あくまでもお祝いです。そのことだけは念頭において、文章にしてください。

 

なかなか文章が思い浮かばないのであれば、就職をお祝いする言葉の後に、休みの日が決まったら遊びに誘うといった文章でも大丈夫です。ともかく堅苦しく考えることなく、素直に自分の気持ちをメッセージカードにしたためておくと良いでしょう。

彼氏の就職祝い、レストランでお祝いするなら

彼氏が就職をしたので、そのお祝いをレストランで行いたいと考える女性もたくさんいます。就職祝いとしては仕事で使う実用品を贈ることが定番ですが、ちょっとしたサプライズでレストランを予約しておくのも良いでしょう。

 

 

ただレストランと言っても、できればあまり気を使わせないようにカジュアルな食事ができるところがお勧めです。男性としては誕生日やクリスマスでもないのに、レストランでお祝いをしてもらうことは気を使ってしまうものなので、あまり気取ったレストランは避けた方が良さそう。イタリア料理店くらいが無難な選択です。

 

もちろん、料理に関しては好みもあります。彼氏の好きな料理を提供してくれるレストランを選ぶことも大切です。しかし、「一流フランス料理のコースを予約した」と言うよりは、気軽に食事ができるイタリア料理、中華料理などの方が男性にとっては嬉しいもの。目的はあくまでも彼氏の就職祝いです。美味しい料理よりも、楽しめる場を提供すると考えた方が喜ばれます。

 

 

一般的な就職祝いの相場

家族や深い付き合いのある親戚で2〜3万円程度と言われていますから、2人で1万円くらいの予算でも問題ありません。また、その価格でもお店に相談するとスペシャリティを用意してくれることもあります。先ずは色々と調べてみましょう。自分自身の懐事情も考えて、2人でお祝いをして楽しく食事ができるお店を選ぶことが重要です。最近ではインターネットで手軽にお店を調べることもできます。彼氏の就職が決まったら早い内に調べておくことをお勧めします。成人式のお祝いプレゼントはこちら